八王子市日中友好協会の活動をご紹介します。

中国残留孤児への支援

日中,友好,八王子,多摩,東京,日本,中国,NPO,NPO,法人,平和,残留孤児,支援,アジア,燕京

中国残留孤児とは

 

1931年、日本の関東軍が満州事変を起こし、満州(現在の中国東北部)を占領しました。翌32年から45年7月まで、「満蒙開拓団」と呼ばれる移民政策が展開され、27万にも及ぶ人たちが中国に渡りました。

 

1945年8月、ソ連軍が、突然国境を越えて侵攻して来たため、彼らはソ連軍の蹂躙にさらされることになります。多くの人が避難する途中で力尽き、虐殺されました。「日本という国はもうなくなった」というデマが飛び交い、前途を悲観して集団自決をした人も多数います。守ってくれるはずの関東軍は、いち早く日本に帰還し、男性は招集されて戦地に赴任していたので、置き去りにされた移民のほとんどは老人と女性、子どもでした。 この混乱の中で、幼児を抱えた母親が、生きるために子どもを捨てたり、中国人に子どもを託したりする悲惨な状況が数限りなく起こったのです。

 

こうして九死に一生を得て、おおらかな中国人に育てられてきたのが「中国残留孤児」です。また、当時13歳以上の女性を「中国残留婦人」と呼んでいます。その中には生き残るために心ならずも中国人と結婚した人もいました。


奉天の孤児収容所に入れられた子どもたち

日中,友好,八王子,多摩,東京,日本,中国,NPO,NPO,法人,平和,残留孤児,支援,アジア,燕京

奉天の孤児収容所に入れられた子どもたち

 

疲れきって畳の上で眠り続けている。ソ連侵攻時の混乱の中で親が死亡したり、行方不明になった子どもたちです。こうした子どもたちのほかにも、逃避行の途中で中国人に預けられ、あるいは拾われたりした子どもたちが、中国残留孤児となりました。

 


 

日中,友好,八王子,多摩,東京,日本,中国,NPO,NPO,法人,平和,残留孤児,支援,アジア,燕京
中国残留孤児へのご支援をお願いします。
クリックするとリーフレット(PDF)が開きます。